アクセンチュアとBlue Prism 業績の向上、従業員及び顧客経験の改善支援のため、RPAの提供で協力 - Blue Prism

アクセンチュアとBlue Prism 業績の向上、従業員及び顧客経験の改善支援のため、RPAの提供で協力

Back
  |  

アクセンチュアとBlue Prism 業績の向上、従業員及び顧客経験の改善支援のため、RPAの提供で協力

Blue Prism Japan News


ライファイゼン・バンク・インターナショナルやサークルKを含む40以上の組織が署名

ニューヨーク、ロンドン発; 2017年1月5日 アクセンチュア (ニューヨーク証券取引所上場: ACN) と、エンタープライズRPA ソフトウェアのトッププロバイダーであるBlue Prism (ロンドン証券取引所AIM市場上場: PRSM) は、さまざまな業界の組織が、コスト削減、コンプライアンスの改善、生産性の向上のために幅広いビジネスプロセスをオートメーションする支援をするRPAソリューション提供のために協力している。国際的小売業者サークルKやライファイゼン・バンク・インターナショナルを含む40以上の組織が、目的達成のためにすでにアクセンチュアとBlue Prismを選んでいる。

2社のアライアンスは、アクセンチュアのグローバルなネットワーク、業界をまたぐ知見と、Blue PrismのRPAソフトウェアロボットを結びつけ、次世代のデジタル ワークフォースを提供する。その一環としてアクセンチュアは、オートメーションを取り巻く複雑な環境に置かれた企業に重要なアドバイスとガイダンスを提供するために、Blue Prismのテクノロジーと実装に習熟した600人以上の専門家を認定する計画だ。

スタトイル・ストアの買収以降、サークルKは世界12,000の店舗で働く従業員120,000人を1つのブランドのもとに統合し、共有のサービスセンターでのオペレーションを改善しようと努めてきた。アクセンチュアにBlue PrismのRPAソフトウェアの実装とビジネス分析を主導してもらうことが、サークルKのカスタマーサービスを標準化し、改善するオートメーションをもたらし、処理時間の削減とサークルKの職場としての魅力の増大に役立った。

「RPAは我々が仕事を構造化し、分配する方法を変え、改善のためのイニシアチブに集中できるようにしてくれました。」と、サークルKヨーロッパのサークルKビジネスセンター代表取締役Kristian Kjernsmo氏は語る。「ありふれた定型業務をオートメーションすることで、熟練した従業員をより興味深く、やりがいのある仕事に集中させることができ、そのおかげで、従業員満足と顧客経験の改善という二重の恩恵を受けました。アクセンチュアは、RPAの試験段階から実装までをサポートし、最初からずっと我々と共に歩んでくれました。」

14ヶ国で40,000人以上の従業員を抱えるヨーロッパ系多国籍銀行として、ライファイゼン・バンク・インターナショナルは、アクセンチュアと協力し、業務プロセスを自動化するために4ヶ国でBlue Prismのテクノロジーを導入し、2017年にはさらなる展開を計画中だ。

「業績向上の手段としてRPAを検討していましたが、組織内での運営、急速な拡張、2ヶ月以内の稼働開始が可能なソリューションが必要でした。」と、ライファイゼン・バンク・インターナショナルのグループ効率性部門長のMarkus Stanek氏は語る。「アクセンチュアの知見と、Blue PrismのエンタープライズRPAソフトウェアを活用し、非常に短期間で組織内ロボティックス、センター・オブ・エクセレンスを設立したいと考えています。今までに4ヶ国でRPAプログラムのパイロット運用を成功させており、その成果をもとに、2017年にもRPAの展開を続けていくつもりです。」

「この協力関係は、オートメーションを通して新しい事業価値の獲得を支援してきたアクセンチュアの実績の上に築かれ、早期の利益確保のために、テクノロジーを迅速かつ大規模に適用する我が社の取り組みを補完するものです。」と、アクセンチュア・オペレーションズのグループ執行役員のManish Sharma氏は述べる。「 RPAがコストや生産性にもたらすメリットは、企業運営をよりスマートにし、従業員により刺激的で戦略的な仕事に取り組む機会を与えています。」

Blue PrismのCEOで共同創設者のAlastair Bathgate氏は次のように述べている。「我々はアクセンチュアと協力し、世界中の様々な組織にデジタルワークフォースの価値を届けることを喜ばしく思っています。すでに40社がこのアライアンスの恩恵を享受しており、業績や生産性における様々なメリットをその他の企業も素早く見抜き、RPAに明らかな注目を浴びせています。」

「RPAはコスト、効率性、生産性の面で、企業に重大なメリットをもたらす可能性を秘めています。」と、Everest Groupの副社長Sarah Burnett氏は述べている。「RPAテクノロジーの販売業社にとって、サービスプロバイダーやシステムインテグレーターとの協調は、世界中の業界をまたいだRPAに対する拡大する需要に応えるための有効な手段です。」

アクセンチュアについて
アクセンチュアはストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションの領域において、幅広いサービスとソリューションを提供する、世界有数のプロフェッショナルサービス会社である。世界最大のデリバリーネットワークに支えられ、40以上の業界とあらゆる業務にわたる比類なき実績と専門スキルを組み合わせ、ビジネスとテクノロジーを融合して、顧客の業績改善や、株主に対する持続可能な価値創造の支援をしている。120ヶ国以上でお客様のために働く394,000人以上の従業員とともに、アクセンチュアは世界がよりよく働き、暮らせるように、革新を推進している。

詳細については、 www.accenture.com を参照

Blue Prismについて
Blue Prism Group plc(ロンドン証券取引所AIM:PRSM)は英国に本社を置き、東京、シドニー、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、マイアミを拠点に、エンタープライズ管理環境の下で成功するデジタルワークフォースを実現するBlue Prismソフトウエアを提供しています。間違いが許されない、マニュアル操作を伴う、ルールベースの繰り返し作業を自動化できるため、スピード、効率、精度、コンプライアンスの徹底を図ることができます。
Blue Prismは最先端のAIおよびコグニティブ テクノロジーを実現するためのスケーラブルで堅牢な実行プラットフォームを提供しており、デジタル エンタープライズを実現するにあたって不可欠な信頼できるセキュアなRPAプラットフォームとして認知されるようになりました。実績としてはBNY Mellon、Commerzbank、ING、Nordea 、Raiffeisen Bank、Westpac、Zurichなどの保険・金融機関に加え、Aegon、IBM、Maersk、Nokia、Procter & Gamble、Siemensなどの10憶を超えるトランザクションを処理しています。

詳細については www.blueprism.com and の他、 LinkedIn

連絡先
Hannah Unkefer
Accenture
+1 415 538 4848
hannah.m.unkefer@accenture.com

Jenna Gilligan
Version 2.0 Communications for Blue Prism
+1 617 426 2222
blueprism@v2comms.com